頚椎ヘルニアで首や肩、腕に痛みがある時に絶対にやってはいけないこと

バツ 頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニアになり、首や肩、背中や腕に痛みがあってつらい。

毎日その痛みがつらいので、湿布を貼ったり薬を飲んだりしている。そんな方は多いと思います。こういう時って当然誰しも早く良くなりたいって思いますよね。そして自分でも何かできないかなと思っている方も多いと思います。

ただ、純粋に早く良くなりたいと思って取り組んでいることが、実はやってはいけないことをやってしまっている場合があります。やってはいけないことを続けてしまうと、知らなかったことなので仕方がないことなのですが当然痛みがひどくなったり長引くことが考えられます。

良いと思って取り組んでいることが、悪化や長期化の原因になってしまっているともったいないですよね。こういうことは、事前に知っておけば避けることができる問題かと思います。

じゃあそのやってはいけないことって何?ってなりますよね。

そこで今回は、頚椎ヘルニアになり首や肩、背中や腕などに痛みがある時にやってはいけないことは何か?について解説をしていますのでぜひご参考いただければと思います。

それでは始めますね。

肩をすくめる体操

肩をすくめる体操

頚椎ヘルニアになった時にやってはいけないことの1つ目は肩をすくめる体操です。

イラストのように肩を上下に上げた下げたりをくり返す体操ですね。これは絶対にやってはいけません。なぜかと言うと、この体操は痛みの原因になっている筋肉を動かす体操だからです。そして続けると痛みがひどくなったり長引くきっかけになることがあると思ってください。

もう少しくわしく説明しますね。

頚椎ヘルニアの原因は?

頚椎ヘルニアは神経が圧迫された結果痛みが出るとされますよね。実際に神経に原因がある方はいます。しかし、すべての方が神経に原因があって痛みが出ているかというと違うんですね。そして筋肉が固まってガチガチになってしまった結果痛みが出ている方が結構いると思ってください。

頚椎ヘルニアの場合、首や肩、背中などの筋肉が固まってしまうと痛みの原因になることが多いです。

なぜ肩をすくめる動作がいけないのか?

そんな状態で痛みが出ている時に、イラストのような肩をすくめる体操をすると痛みがひどくなることが考えられます。なぜかと言うと、肩をすくめるという動作は痛みの原因になっている首や肩の筋肉を動かすことになるからです。

もう少し正確に言うと、固まって痛みの原因になっている筋肉をさらに固めるような動きになっているんですね。だからやってはいけないということ。

1~2回程度ならできるとは思います。しかし、こういう体操って通常は何回何セットみたいな感じで行いますよね。そしてそれを毎日とか1日おきとかにやるわけですよね。そうなると痛みの原因になっている筋肉を自分でさらに痛めつけることになってしまっているのです。

こう考えると、頚椎ヘルニアで痛みがある時に肩をすくめる体操をするのはいけないということがお分かりいただけたかと思います。

これがまず1つ目。

首や肩の回し過ぎ・回して治そうとする

肩を回す

2つ目のやってはいけないことは、首や肩の回し過ぎ・首や肩を回して治そうとすることです。

頚椎ヘルニアになると首を動かすと痛むと思います。なので、それほど大きく首を回すことはできないという方も多いでしょう。こういう状態の時は特にですが、首や肩を回しすぎてはいけません。また、首や肩を回すことによって痛みを治そうとしてもいけません。

理由は先ほどと同じ。

頚椎ヘルニアと言っても筋肉に原因があって痛みが出ていることがあります。そんな時に、過剰に回しすぎること、つまり過剰に首や肩の筋肉を動かし過ぎるのは痛みの原因になっている筋肉を自分で痛めつけているのと同じこと。だから回しすぎてはいけないわけですね。

痛みがあると回したくなることもあるでしょう。そういう時に少し回す程度なら問題ありません。しかし何度も何度も回し過ぎるのはダメということですね。

また、動かせば良くなるとか動かした方が良いのではと考えて首や肩を回しすぎるのもやはりダメです。ケガをしている状態の筋肉を動かしたところでケガが治るわけではありません。むしろ過剰に動かすことによって後から痛みが増すリスクのほうが高いです。

日常生活の中で必要な時に首や肩を動かすのはもちろんOK。ですが、動かして治そうとするのはダメということ。

極端な例ですが、腕を骨折している時に腕を動かせば早く骨折が治るなんてことはありませんよね。理屈はこれと同じです。

なので、首や肩を回すのは必要な時は構いませんが、必要以上に回し過ぎたり痛みを治すために回す・動かすというのはやってはいけませんということ。

これが2つ目。

腕を前や横にあげる体操

腕を横にあげる

3つ目のやってはいけないことは腕を横にあげる体操です。

この体操は、肩を使うので問題ないのでは?と思うかもしれません。ですが、これもやはりやってはいけません。理由は今までと同じで痛みの原因になっている筋肉を使う動作になってしまっているからです。

そのため、この体操をくり返して行っていると痛みがひどくなったり長引くきっかけになりかねません。だからこの体操もやってはいけないということ。

頚椎ヘルニアになると背中や腕に痛みやしびれが出るようになるかと思います。そういう痛み・しびれの原因っていろいろあるのですが、そのうちの1つが首の前にある斜角筋という筋肉。

腕を真横にあげるという動作は、この首の前にある筋肉を縮める動作になっています。つまり、痛みやしびれの原因になっている首の前の筋肉を自分でさらに縮めて固めているということになってしまっているのです。

なので、この体操を何度もくり返す、何日もくり返すということをするといつかどこかのタイミングで痛みやしびれが悪化すると思ってください。だからやってはいけませんということですね。

これが3つ目。

痛みの確認動作

首

4つ目のやってはいけないことは、頚椎ヘルニアによる痛みを確認する動作をくり返すことです。

これはついやってしまいがちかもしれませんね。どういうことかと言うと、たとえば上を向くと痛い場合に何らかの治療や施術を受けたとします。そうすると、その治療や施術を受けた後に何度も上を向いてどれくらい良くなったかを確認したくなるわけです。

気持ちはよく分かります。

でもですね、これを何度もくり返すのは絶対にやってはいけません。なぜなら、人間の心理として結局痛くなるまで何度も上を向くということをやってしまうからです。

施術後にどれ位良くなったかを知りたい。でも良くなったかどうか不安もある。そこで上を向く。何となく良いような気もするけれどやっぱり痛いような気もする。そこでもう一度上を向く。そうするとちょっと痛い。やっぱり痛いんだ。でももしかしたら、と思いもう一度上を向く・・・。

これをくり返してしまうわけです。

何度も何度も痛みが出るまでくり返し、結局はっきり痛みを感じるまで動かしてしまう。そしてやっぱりまだ痛いんだとなる。不安な時って、はっきりしないとさらに不安になりますよね。なので白黒はっきりさせたくなるわけです。だから何度もくり返してしまう。

でもこれをやっていると、せっかく治療や施術を受けたのにそれが無駄になってしまいます。つい動かしたくなるのは分かります。なので少しくらいは問題ありません。でも何度も何度も痛みが出るまで動かすのは絶対ダメですね。

これが4つ目。

やっても良いことは何か?

頚椎ヘルニアでいろいろやってはいけないことがあるのは分かった。じゃあ何ならやっても良いのか?と思いますよね。

こういう場合はまず、簡単で刺激の少ないストレッチから始めるのがおすすめ。固まった筋肉が原因で痛みが出ているわけですから、その筋肉をストレッチで伸ばしてゆるめてあげるのが良いですよということ。

そして、初めてストレッチをするのであればまずは簡単でやさしい刺激のストレッチからが良いわけですね。具体的な方法についてはこちらの動画で紹介していますので試してみてくださいね。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

最後に

頚椎ヘルニアで痛みがある時にやってはいけないことを紹介しました。どれも良さそうに思えたかもしれません。ですが全部必要がないことなんですね。そしてやると悪化につながりかねないことばかりなのです。

良いと思っていることが悪化の原因になっているともったいないですよね。なのでこういうことは覚えておいてもらえればと思います。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました