坐骨神経痛がひどくなってしまったらどうすればいいのか?

お尻の痛み 坐骨神経痛

坐骨神経痛になりお尻から足にかけて痛みがある。

こういう時、多くの方は何らかの治療を受けたりセルフケアに取り組んだりされていることと思います。ただ、治療やセルフケアをしているにもかかわらず、坐骨神経痛によるお尻や足の痛みがひどくなることがあります。

特に何かをしたという覚えがなくてもいつもより痛くなる。これって困るし心配ですよね。

実際に何かをしたわけでもないのに痛みがひどくなってしまった。こういう時はどうすれば良いのでしょうか?体はもちろんつらいと思いますがほとんどの場合で心配はいらないです。

多くの方が心配するのは手術になったらどうしよう?といったことではありませんか。要するにそれくらい痛みがひどくなり打つ手がなくなってしまったらどうしようかということ。

でも、すべての場合でとは言い切れないのですがほとんどの場合で大丈夫です。

ではなぜそう言えるのか?そしてもし坐骨神経痛によるお尻や足の痛みがひどくなってしまった時はどうすれば良いのかについて解説をしていますのでご参考ください。

それでは始めますね。

ひどくなる理由は?

ギックリ腰

坐骨神経痛がひどくなる場合、理由が2つ考えられますのでそれぞれについて説明しますね。

症状が進行してしまった場合

坐骨神経痛がひどくなる理由の1つ目は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が進行してしまった場合です。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は神経が圧迫された結果坐骨神経痛という症状が出るとされています。そして、この神経が圧迫された状態が進行してひどくなってしまった場合、坐骨神経痛もひどくなってしまう場合があります。

坐骨神経痛がひどくなると同時に、感覚が鈍くなったり力が入りにくくなるということもあります。

もしこうなってしまったらどうすれば良いのか。こういう場合は病院の先生の治療が必要です。薬や注射、場合によっては手術が必要なこともあります。

実際こうなってしまう方もいるとは思います。ただ、すべての方ではありません。

筋肉が固まってしまった場合

坐骨神経痛がひどくなるもう1つの理由は、筋肉が固まってしまった場合です。こちらに関しては、痛みがひどくなるのは当然つらいと思います。ですが、手術の必要はないと思ってください。

坐骨神経痛は先ほど挙げたように神経が圧迫された結果出る痛みとされています。しかし、すべての場合で神経が原因かというと違います。筋肉が固まってしまった結果痛みが出る場合もかなり多いと思ってください。

筋肉は固まってガチガチの状態になるとかなり強い痛みの原因になります。こういう状態を専門用語で筋膜性疼痛症候群といってちゃんと名前がついているんですね。坐骨神経痛の場合は主に、腰、お尻、足の筋肉が固まってしまうと痛みの原因になります。

このようにもともと筋肉が原因の場合、その痛みの原因になっている筋肉がさらに固まってしまうと痛みがいつもよりひどくなってしまうことがあるのです。

この場合に必要なことは薬や注射、手術ではありません。なぜかというと、そういった治療では固まった筋肉はゆるまないからです。なので手術も必要がないということになります。

じゃあ何をすれば良いのかというと、筋肉をゆるめることを目的とした対策が必要ということになります。具体的な方法については後述しますね。

何もしていないけれど?

疑問

筋肉が原因の坐骨神経痛の場合、筋肉がさらに固まってしまうと痛みがひどくなるとお伝えしました。ただこういう話をすると、私は特に筋肉が固まるようなことをした覚えはないけれどなぜかたまってしまうのか?と思う方も多いと思います。

そこで、なぜ筋肉がもっと固まってしまうことがあるのかという理由を解説します。

普段どおり生活していても筋肉を使っている

坐骨神経痛の方に限らずですが、誰でも仕事や日常生活で普段どおり生活しているだけでも筋肉を使っています。痛みがある時でも筋肉を使っているわけですから多かれ少なかれ筋肉には負荷がかかります。そのため、特に何かをした覚えがなくても筋肉が固まってしまうことはあります。

もう少し簡単に言うと、切り傷がある時にその傷が何もしていなくても出血してしまうことってありますよね。これと同じと思ってください。

筋肉が原因なら必要なことは?

筋肉が原因の坐骨神経痛がひどくなってしまった。こういう時はその筋肉がゆるむことが必要。具体的な方法はいろいろありますが、専門の治療ならトリガーポイントブロック注射という整形外科の先生が行っている注射による治療方法があります。

また、トリガーポイント鍼療法という鍼灸院の先生が行っている施術方法もあります。なのでまずはこういった治療か施術を行っている先生を探してみてください。

自分でできること

痛みがひどくなった時に自分でできることとしてはまず安静。無理をしないようにすることが大事です。そして、痛みはあるけれどひどくなる前の状態くらいに戻ったら温めたりストレッチをして筋肉をゆるめてあげるといいですね。

具体的なストレッチ方法については動画で紹介していますのでご参考ください。

坐骨神経痛でスネの外側が痛む時の原因とストレッチ方法

最後に

坐骨神経痛がひどくなった時はどうすれば良いかについて解説をしました。心配になることはもちろん多いと思います。でも大丈夫なことがほとんどですからね。焦らずに一つずつ対応していってくださいね。

坐骨神経痛でお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました