腰椎椎間板ヘルニアQ&A -良くなったら運動してもいい?-

FAQ 腰の椎間板ヘルニア

腰の椎間板ヘルニアになり痛みやしびれがあったけれど、治療の甲斐あっておかげさまですっかり良くなった。

良くなったのは嬉しいけれど、運動してもいいのだろうか?せっかく良くなったのに、運動を再開してまた痛くなったら困る。でも、良くなったんだから再開しても良いような気もする。

こんな風に思ったことはありませんか?実際に良くなった後の運動って迷いますよね。ただ、腰の椎間板ヘルニアが良くなった後の運動に関してはどうすれば良いかははっきりしています。

そこで今回は、腰の椎間板ヘルニアがよくなった後は運動を再開してもいいのかどうか?など腰の椎間板ヘルニアに関するQ&Aをテーマにお届けしますのでご参考ください。

それでは始めますね。

良くなったら運動を再開してもいいのか?

ウォーキング

腰の椎間板ヘルニアがよくなったら運動を再開してもいいのかどうか気になりますよね。結論としては再開しても構いません。ただし大事なポイントがあるので解説をしますね。

あきらめたり止める必要はない

腰の椎間板ヘルニアで痛みやしびれがある時は、運動をまたすることができるかどうか不安だったと思います。また、あきらめなければいけないのではと思った方もいるでしょう。

ですが、一度ちゃんと良くなったのであればあきらめたり止める必要はありません。もう一度始めてもらって大丈夫です。

ただ、良くなったばかりの時は一気にたくさんやりすぎないように気をつけてください。一気にたくさんやり過ぎると、せっかく良くなったのにまた痛くなることもあるからです。

なので大事なポイントの1つ目は、良くなってすぐの時は一気に体をたくさん動かしすぎないように注意してくださいね。

ケアも忘れずに

腰の椎間板ヘルニアが良くなったら運動は再開してもらっても構いません。ただし、終わった後に必ず筋肉のケアをするようにしましょう。これをやらないとまた痛くなることがあるからです。

腰の椎間板ヘルニアといっても筋肉が固まった結果痛みが出ている場合があります。その状態が良くなったからといってなにもしなければまた筋肉が原因の痛みが出る可能性があるのです。食事をした後歯磨きをしないと虫歯になりますよね。理屈はこれと同じこと。

なので、運動をしても構いませんが終わった後に少しでいいので筋肉のケアを忘れないようにしてくださいね。具体的なケア方法については動画で紹介していますのでご参考くださいね。

腰の椎間板ヘルニアで根本原因をしっかり伸ばす4つのストレッチ方法

鍛えた方がいいですか?

ダンベル

続いてのご質問は、腰の椎間板ヘルニアで痛みやしびれがある時は鍛えた方がいいのかどうかということについて。これもよくいただくご質問ですので解説をしていきますね。

筋トレで悪化することもある

腰の椎間板ヘルニアで痛みやしびれがある時は、筋トレなどによって鍛える必要はありません。むしろやってはいけないと思ってください。なぜなら、鍛えることで筋肉に負荷をかけると痛みやしびれが悪化することがあるからです。

先ほども少し触れましたが、腰の椎間板ヘルニアといっても筋肉が原因の場合があります。筋肉が痛みやしびれの元になっている時に筋肉に負荷をかける。これは、自分で自分の体を痛めつけているのと同じこと。だからやってはいけないということ。

筋トレの目的は?

筋トレ自体は健康な時なら良いことです。しかし、そもそも痛みやしびれを治すためのものではありませんよね。筋力をアップさせたり、筋肉の量を増やすということが主な目的。そして継続することで体力がついたり、ダイエットになったりと健康な体になるわけです。

ですから、腰の椎間板ヘルニアになった場合は良くなってから始めるようにしてくださいね。無理をして悪化してはもったいないですから。痛みやしびれがある時は、まず先ほども紹介したストレッチがおすすめです。

痩せたほうがいいのか?

体重計

腰の椎間板ヘルニアになったら体重を落とした方がいいのでしょうか。これは、普段から体重を気にされている方からいただくご質問。結論としては、痛みやしびれを治す目的なら体重を落とす必要はありません。その理由を解説しますね。

痩せることと痛みやしびれの関係は?

痛みやしびれがある時に痩せなくても良い理由は、痩せることと痛みやしびれの関係がないからです。もし仮に痩せたらドンドン痛みやしびれが良くなるのなら、薬も注射も手術も全部不要になります。そして、腰の椎間板ヘルニアなったらダイエットプログラムを開始すれば良いということになりますよね。

でも実際にはそんなことはあり得ません。なので、痛みやしびれを治す目的で体重を落とす必要はありません。

別の理由なら

痛みやしびれを治す目的で体重を落とす必要はありません。しかし、たとえば内科の先生から血液検査の結果が良くないので食事に気をつけて体重を落としてくださいといわれている。そういう状況なら腰の椎間板ヘルニアとは関係なくダイエットに取り組むべきです。

こういう時は腰の椎間板ヘルニア以外の病気の恐れがあるためですよね。こういうことならまずは食事でダイエットを始めてみてください。痛みやしびれがある時は運動で痩せようとしてはダメですよ。

最後に

腰の椎間板ヘルニアに関するQ&Aをテーマにお届けしました。他にもいろいろよくあるご質問があります。それらについてはまた別の機会で回答したいと思います。

腰の椎間板ヘルニアでお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました