それダメです!頚椎ヘルニアの痛みやしびれが増すので絶対にやってはいけないこと

バツ 頚椎ヘルニア

いつになったらこの痛みは治まるんだ?

頚椎ヘルニアの痛みやしびれがあるとこんな風に思いますよね。そして、何か自分でもできることを少しでもやろうと思い試してみる。

ここまではいいんですよ。

ただ、検索して出てきた記事やYouTubeで紹介されているセルフケアの中にはNGなものもあります。つまり、ひどくなるから絶対にダメ!という行為。

そんなのは当然避けたいですよね。

なのでこの記事では、早く良くなっていただくために、やってはいけないことをいくつか紹介しますね。

肩をすくめる体操は絶対ダメ

やってはいけないことまず1つ目はこちら↓

肩をすくめる体操

イラストのように肩をすくめる体操はやってはいけません。

こちらの写真もご覧ください↓

頚椎ヘルニア

首に赤いマルを付けているのがおわかりいただけるかと思います。ここには細い筋肉があり、それが痛みやしびれの原因になることがとても多いんですね。

要は首の前の筋肉が悪くなっているということ。

そんな状態で肩をすくめる体操を何度もくり返すと、痛みの原因になっている筋肉を何度も動かすことになります。その結果悪化することに。

ギックリ腰で腰が痛む時に、重いものをくり返し持つと当然悪化しますよね?肩をすくめる体操をするというのはこれと同じこと。

だからダメなんです。これが1つ目。

この肩こり体操はやってはいけない

さて、2つ目はこちら↓

肩こり体操

肩こり体操ですね。健康番組や雑誌などで見かけることがありますよね。

テレビや雑誌で紹介される体操だったら良いのでは?って思いますよね。でもダメなんです。

理由は先ほどと同じ。首の前の筋肉に負担がかかるから。

良さそうに見えても、実は意外な部分を自ら痛めつけていることになっているんです。これはもったいない。

だから、コレも止めましょうね。

やらないと思いますがコレもダメ

さて、最後はこちら↓

頚椎ヘルニア

写真ではちょっと伝わりづらいですが(スミマセン)、首をグルグル回す行為はダメです。

痛みがあるので実際にやる人はいないと思います。でも、ダメなので覚えておいてくださいね。

不要な刺激を筋肉に与えないことが大事

頚椎ヘルニアで痛みやしびれがある時は、とにかく不要な刺激を首や肩の筋肉に与えないこと。コレが超大事。

日常生活で必要な時に動かすのはもちろん構いません。ですが、痛みを治すために首や肩周りを動かすのはとにかくダメ。

普通に生活してください。

良くなれば、肩こり体操でも何でもできるようになりますから。

それまでは、とにかく不要に筋肉を動かさない。必要な時だけと思ってください。

最後に

頚椎ヘルニアは私も経験しています。なので、痛みやしびれのつらさ、そしていつ治るのか?本当に大丈夫なんだろうか?という不安感。

メチャクチャよく分かります。

でもね、大丈夫ですよ。ほとんどの場合、痛みやしびれといっても原因は首や肩周囲の筋肉にありますから。薬を飲んでも一向に良くならないなら特に。

リリカとかロキソニンを飲んでも痛いまま。そんな場合はこちらも読んでみてくださいね。

頚椎ヘルニアでお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました