腰椎椎間板ヘルニアで痛む時の楽な寝方は?

寝方 腰の椎間板ヘルニア

腰の椎間板ヘルニアになり、腰やお尻、足にかけて痛みがある。

こういう状態の方で、夜寝る時も痛むので楽な寝方はないかな?と思っている方も多いと思います。夜眠れないと疲れは取れないし、次の日のことを考えるとイライラもしてしまいますよね。

ただ、こういう時でもすべての方にとってとは残念ながら言い切れない所がありますが楽な寝方というのはあります。少し姿勢を変えるといつもの痛みが楽に感じる寝方ですね。

じゃあそれってどういう寝方?ってなりますよね。

そこで今回は、腰の椎間板ヘルニアになり痛くて夜眠れない時の楽な寝方について解説をしますのでご参考ください。

楽な寝方はどんな寝方か?

楽な寝方

腰の椎間板ヘルニアで痛みがある時の楽な寝方は、上記の写真のように横向きになって寝るということになります。具体的なポイントが3つありますのでそれぞれ順番に解説をしますね。

痛い側を上にする

1つ目のポイントは横になって寝る場合、痛い側を上にするということです。右が痛いなら右を上に、左が痛いなら左を上にしてみてください。

腰や背中を少し丸める

2つ目のポイントは腰や背中を少し丸めるということです。痛い側を上にして横になり、その状態でさらに腰と背中を少しでいいのでまるくしてみてください。

そうすることでさらに楽に感じる方もいます。

ひざの間にまくら等を挟む

3つ目のポイントはひざの間に枕を挟むということです。これはすべての方で必要ということではありません。ただ、横向きに寝る時の足のポジションが少し気になるという方もいるかと思います。

そんな時は、ひざの間に折りたたんだバスタオルやクッション、抱き枕のようなものを挟むようにしてみてください。そうすると楽に感じたり、足の位置がしっくりくるという方もいます。

特に必要なければ構いませんが、ひざの間にまくら等を挟むと楽な方は試してみてください。

なぜ、横向きになると楽に感じるのか?

疑問

腰の椎間板ヘルニアで痛む時は、痛い側を上にして横になるのが楽な寝方だとお伝えしました。実際にやってみると確かに楽だ。でもそもそも、なぜこういう姿勢をすると楽なのかな?って思った方もいるかもしれません。

そこで、なぜ横向きで寝ると楽なのかということについて簡単に解説をしますね。

筋肉が痛みの原因だから

横向きで寝ると楽に感じるのは、腰の椎間板ヘルニアといって痛みの根本的な原因が筋肉が固まったことにあるからです。

腰の椎間板ヘルニアは椎間板が飛び出すことで神経が圧迫されて痛みが出るとされています。実際に神経が痛みの原因という方はいます。しかし、すべての方ではありません。

そして神経ではなく筋肉が固まったことが原因で痛みが出ている方も多いのです。筋肉は固まってしまうと痛みの原因になります。このように筋肉が痛みの原因になっている状態のことを専門用語で筋膜性疼痛症候群といってちゃんと名前があるんですね。

姿勢によって痛みが変わる

腰の椎間板ヘルニアの場合なら、腰やお尻、足の筋肉が固まってしまうと痛みの原因になります。筋肉が原因で痛みが出ている時は、姿勢によって痛みが変わることが多くあると思ってください。

例えば、右側に痛みがある時に右を上にして横になると主にお尻の筋肉が軽く伸ばされた状態になります。固まった筋肉が原因の場合、その固まった部分が伸びると痛みが楽になることがあります。

こういうことが理由で、痛い側を上にすると楽に感じるということですね。

姿勢で楽になるなら筋肉が原因

腰の椎間板ヘルニアで痛みがある時は横向きが楽な寝方だとお伝えしました。これを逆に考えると、横向きになって寝ると楽に感じるのなら神経ではなく筋肉が原因と考えることができます。

おすすめできない寝方

バツ

腰の椎間板ヘルニアで痛い側を上にして寝ると楽に感じる。こういう場合、おすすめできない寝方があります。

それは、仰向けで寝るということ。

実際に仰向けになると腰やお尻、足に痛みが出るという方もいると思います。こういう方は仰向けではなく横向きで寝るようにしてください。

ではなぜ仰向けがダメかというと理由は先ほどと同じで筋肉が原因だから。簡単に言うと、腰やお尻の筋肉が原因で痛みが出ている時に仰向けになると、痛みの原因になっている腰やお尻の筋肉にとっては負担が大きいということなのです。

だから、仰向けはおすすめできないということになります。

おすすめのセルフケア

腰の椎間板ヘルニアで横になって寝ると楽な場合は筋肉が原因とお伝えしましたね。こういう時におすすめのセルフケア方法があります。いろいろありますが、最も簡単でおすすめなのはストレッチになります。

固まった筋肉が原因で痛みが出ているわけですから、その筋肉をストレッチで伸ばしてゆるめてあげることが対策になるわけですね。

具体的なストレッチ方法については動画で紹介していますのでご参考くださいね。

腰の椎間板ヘルニアで根本原因をしっかり伸ばす4つのストレッチ方法

最後に

腰の椎間板ヘルニアで痛む時の楽な寝方について解説をしました。実際にやってみて楽だという方はぜひ今晩から横向きで寝るようにしてみてくださいね。そして、横向きで楽ということは筋肉が原因ですから最後に紹介したストレッチにも取り組んでみてくださいね。

腰の椎間板ヘルニアでお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました