こんな腰痛はすぐ病院へ

腰痛 腰痛

腰に痛みがあり、体を動かすと痛むのでつらいし困る。

多くの方が腰痛の経験が一度くらいはあるかと思います。それくらい一般的なことになっているのかもしれませんね。

そうであるがゆえに、腰痛ってちょっと軽く考えてしまうことってないですか?もちろん、激痛とかなら話は別。そこまでではなく、腰が痛いなっていう程度の腰痛。こういう場合、放っておけばそのうち治まるって思いがちですよね。

実際、本当に放っておけば治まっていくことも多いとは思います。しかし、中には腰痛といってもすぐに病院に行くべき場合もあります。要するに放っておいてはいけない場合ですね。放っておくとどんどん痛みがひどくなることがある腰痛もあるのです。

じゃあそれはどんな腰痛か?

そこで今回は、腰痛といっても放っておくと危ないのですぐに病院に行くべき状態に付いて解説をしていますのでご参考ください。

それでは始めますね。

腰痛にともない足がしびれる場合

足

腰痛に伴い足がしびれる。こういう場合はすぐ病院へ行きましょう。

足のしびれがある場合、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の可能性があります。個人差がありますので誰でも重症ということではもちろんありません。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といって軽い場合だってあります。

ただ、放っておくと重症化することはあります。

重症化すると後々つらい思いをするのはご本人。なので、少しであってもしびれを伴うようならすぐに病院へ行くようにしてください。まずは近隣の整形外科の先生に診てもらいましょう。

どんな姿勢をしても痛い場合

腰痛

どんな姿勢をしても腰の痛みが変わらない場合はすぐに病院へ行きましょう。

この場合は、炎症が原因で痛みがでていたり内臓の病気が原因で痛みが出ていることが考えられます。炎症が原因ならお薬が必要です。内臓が原因の場合はもしかすると重い病気のことだって考えられます。

なので、座っても痛いし立っても痛い、横になっても痛い。こんな腰痛になってしまったらすぐに病院へ行くようにしてくださいね。

いつもと違う痛みがする場合

ギックリ腰

いつもと違う腰の痛みを感じる場合もすぐに病院へ行くようにしてください。

慢性的に腰痛を抱えている方の場合、ちょっと変な表現ですがご自身の痛みに慣れていると言うかよく分かっていると思います。だからこそ、いつもと違う痛みが腰に出た場合は何か変だな?って感じると思います。

こういう時はすぐに病院を受診しましょう。

慢性的な腰痛の場合、軽く言うわけでは決してありませんが筋肉が原因で痛みが出ていることが多いです。こういう場合は痛みはもちろんつらいと思いますが心配はいらないです。

しかし、いつもと違う痛みがする場合、もしかすると内臓の病気が元で痛みが出ていることが考えられます。こういう痛みを放っておくと内臓の病気が進行してしまうことだって考えられます。なので、いつもと違う痛みだったりいつもと違う痛み方をするような場合は病院へ行くようにしてくださいね。

背骨に痛みを感じる場合

腰

腰痛と言ってもいわゆる腰よりも背骨に痛みを感じる場合も病院を受診するようにしてください。

傾向としてどちらかというとご高齢の女性に多いですが、こういう場合は圧迫骨折をしている場合があるからです。圧迫骨折というのは背骨が潰れたような骨折の状態を言います。特に何かをした覚えがなくても圧迫骨折をしている場合はあります。

どんな時に圧迫骨折をしてしまうのかというと、例えばベッドやソファにストン!と勢いよく座るような場合です。それだけで?って思うかもしれません。ですが、ご高齢で骨が弱くなっているような場合、ゆっくり座ったつもりでもストン!と勢いよく座ってしまうことがあります。そしてその時に圧迫骨折をしてしまう。

こういう時、ご本人としては何かをした覚えがないことが多いです。重いものを持ったとか転倒したわけではないので当然かもしれませんね。

何もした覚えがないけれど、腰の背骨の辺りが強く痛む。こういう状態になってしまった時は病院へ行くようにしてくださいね。

最後に

腰痛というと経験している方が多いので少し軽く考えてしまいがちです。実際に痛みはあっても心配しなくても大丈夫という状態はあります。しかし、今回解説したようにすぐに病院を受診しなければいけない場合もあります。

迷ってしまうかもしれませんが、迷わずすぐに受診しましょう。早期発見が大事ですし、何もなければそれで良いのですから。

タイトルとURLをコピーしました