腰椎分離すべり症でお尻や足が痛む方に知って欲しい2つのこと

ポイント 腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症でお尻や足が痛む。薬を飲んでも一向に良くならない。

こういう方に知って欲しいことが2点あります。

  1. 薬を続けてもダメなことは多々ある
  2. 薬がダメでも他の方法はある

それぞれ順番に説明しますね。

薬を続けてもダメなことは多々ある

イブプロフェン

腰椎分離すべり症で薬を飲んでも痛いままの方は多いです。

これは、薬がダメということではありません。そうじゃなくて、そもそも痛みの原因と薬の組み合わせが間違っている場合が多いんですね。

たとえば、便秘になったら便秘薬を飲みますよね。便秘の時に風邪薬を飲む人はいないでしょう。もし飲んでも変わらないのが当然。

腰椎分離すべり症でこれと同じことが起きている場合があります。

腰椎分離すべり症の痛みは、神経が圧迫された結果出ているとされます。神経圧迫が原因の痛みに対しては、病院でもらう神経に対してのお薬が当然良いですよね。

しかし、

腰椎分離すべり症の痛みの元が、筋肉が固まったことによる場合もあるんですね。こういう場合は当然神経に対しての薬ではダメ。なぜなら、筋肉が原因なのに神経に対しての薬を飲んでも意味はないからです。

このように、薬を飲んでもダメな場合は、薬が効いていないとは限りません。そうじゃなく、痛みの元が違うことも結構多くあるということ。

薬がダメでも他の方法はある

腰

腰椎分離すべり症で薬を続けてもダメな場合、薬以外の方法はいろいろあります。

必ず注射や手術が必要というわけではないんですね。

筋肉が固まったことが原因で痛みが出ている場合、薬と同様に注射や手術でもダメです。なぜなら、どれも固まった筋肉をゆるめるための治療ではないからです。

じゃあ何すれば?

まずはストレッチから。そんなことでいいのか?と思いますよね。でも固まった筋肉をゆるめるためにはまず伸ばしてあげるのが簡単でいいです。

ストレッチをすることで少しでも痛みが楽になる。そんな状態なら、筋肉が原因と考えてもらって大丈夫。

腰やお尻、足の軽いストレッチから始めてみてくださいね。

ストレッチで楽になったなら

ストレッチで楽になったら、次に考えて欲しいことがあります。

それは、筋肉に対しての専門の施術。ストレッチで完全に楽になればもちろん不要。ですが、ある程度まで楽になっても、そこから変わらなくなることもあります。

そういう場合は専門の施術が必要ということ。

筋肉をゆるめるための専門の施術、検討してみてくださいね。

当院でも筋肉への施術を行っていますのでご参考ください

タイトルとURLをコピーしました