腰のヘルニアで痛む方に今日から止めて欲しいこと

腰痛 腰の椎間板ヘルニア

腰の椎間板ヘルニアになり腰、お尻、足に痛みがある。

腰の椎間板ヘルニアというのは、背骨と背骨の間にある椎間板と呼ばれるクッションの役割をしている部分が飛び出して神経を圧迫する結果痛みが出る状態のことを言います。

そんな椎間板ヘルニアの痛みがある時、誰でも当たり前ですがその痛みが早く良くなるようにという気持ちから何らかの対策に取り組んでいると思います。病院に行ったり、いわゆるセルフケアに取り組んだりなどですね。

病院に関しては、担当の先生の指示に従ってくださいね。ただ、セルフケアに関しては取り組むこと自体はとても良いことなんですよ。ですが、セルフケアの中にはやっても良いこともありますが、やってはいけないこともあります。

良いと思って取り組んでいることが、実はやってはいけないことを一生懸命やってしまっているとなると悪化したり悪化するまでではなくても長引くことも考えられます。

そんな風に良いと思っていることがマイナスの結果につながるようなことだと当然誰でも嫌ですよね。そしてそんなマイナスの結果になるようなことは避けたいですよね。

ですが、こういうことは知っていれば避けることができる問題ですよね。じゃあ、そんな止めた方がいいセルフケアとはいったい何なのか?となるかと思います。そこで今回は、腰の椎間板ヘルニアになって痛む時に今日からすぐにでも止めて欲しいことについて解説をしていきますのでぜひ最後まで読んでいただければと思います。

それでは始めますね。

運動で痛みを治そうとしてはいけない

ウォーキング

腰の椎間板ヘルニアの方に今日からやめて欲しいの1つめは「痛みを治す目的で運動をすること」です。

実際に私の鍼灸院に来てくださる方の中にも、運動によって痛みを治そうとする方は多いです。なぜそうしてしまうのかというとちゃんと理由があります。どういう理由か?

運動すれば痛みが良くなるのではと思ってしまう方はだいたいご自身で運動不足だと認識している方ですね。つまり、腰の椎間板ヘルニアになってしまったのは運動不足だからだ。だから、今日から運動を始めた方が良いのではないだろうかと考えてしまうわけですね。

こうなってしまうお気持ちは分かりますよ。

でもですね、そもそも痛みを治す目的で運動を始めてはいけません。なぜなら、痛みが悪化したり長引くことが考えられるからです。そしてさらに言うと、運動をしたからといって痛みがピタッと治まることはないですよね。だから、やってはいけないということ。

ではなぜ痛みがある時に運動をすると悪化したり長引くのか?これは腰の椎間板ヘルニアの痛みの原因と関係があります。

椎間板ヘルニアというと神経が圧迫された結果痛みがでているとされます。実際に神経が原因で痛みがでている方はいます。しかし、すべての方が神経に原因があって痛みがでているわけではありません。そして、腰やお尻、足などの筋肉が固まってしまった結果痛みが出ている方も結構たくさんいると思ってください。

要するに痛みの原因が筋肉にあるということ。簡単に言うと筋肉がけがをしているような状態ということになります。

そんなケガをしている状態の筋肉で、たとえばウォーキングのような軽い運動であったとしても続けてしまうといつかどこかのタイミングで悪化することが考えられます。だからやめて欲しいわけです。

ちょっと極端ですが、足を骨折した時にその骨折による痛みをウォーキングで治そうとは思いませんよね。理屈はこれと同じこと。

ウォーキング自体は良いことですよ。ですが、痛くなってから始めることではありません。健康な状態の時にすることなのです。

こういう理由で、痛みを治す目的で運動することは今日からやめて欲しいということになります。これがまず1つ目。

腹筋・背筋はしなくてもいい

腹筋

腰の椎間板ヘルニアの方に今日からやめて欲しいの2つめは「腹筋・背筋」です。

昔から言いますよね、腰が痛いなら腹筋・背筋して鍛えればいいとかって。でもこれ間違いです。そもそもですが、腹筋・背筋したら次の日にピタッと痛みが治まっていますか?そんなことないですよね。

それにですね、腰のヘルニアになり痛みがでてからこういった腹筋や背筋をしたところで筋肉の量がすぐに増えるわけでもないですし筋力がすぐにアップするわけでもありません。普段から腹筋や背筋を鍛えているなら良いことです。でも、これも痛みがでてから治すためにやることではありません。

それと、これも先ほどの痛みの原因と関係がありますが、筋肉に原因があって痛みが出ている時に背筋のような腰を反らす動作をくり返すと腰やお尻の筋肉にとっては鍛えるどころか負担になっているだけだと思ってください。

腰の椎間板ヘルニアになって痛みがある場合、腰やお尻の筋肉が固まってガチガチになっていることが多いです。筋肉はガチガチになってしまうと痛みの原因になるわけですね。そんな状態の筋肉で背筋をくり返して行っていると、痛みの原因になっている腰やお尻の筋肉にドンドン負荷をかけるわけですから痛みが増してもおかしくありません。

鍛えた方がいいのでは?と思う気持ちはよく分かります。ですが、鍛えるのは健康な状態の時や、腰の椎間板ヘルニアによる痛みがちゃんと良くなってからです。痛みを治すために取り組むものではありません。

こういう理由で、痛みを治す目的で腹筋・背筋することは今日からやめて欲しいということになります。これが2つ目ということになります。

やってはいけない体操を止める

腰痛体操

腰の椎間板ヘルニアの方に今日からやめて欲しいの3つめは「やってはいけない体操を止める」です。

これは説明しなくても良いかと思いますが、やってはいけない体操は当然やめて欲しいです。理由は当然ですが痛みがひどくなったり長引くことになるからですね。

ただそれはもちろん分かるけど、じゃあ具体的にどんな体操をやってはいけないのかな?って思いますよね。やってはいけない体操はいろいろありますが、例をあげると上記の写真のような体操です。

仰向けになって腰を突き上げるような動きをくり返す体操。これも何となく見た目には良さそうに思えますよね。ですがやってはいけないので今日からすぐにやめて欲しい体操です。

なぜかと言うと、先ほどの背筋と同じでこういう体操も腰やお尻の筋肉に負担がかかってしまうからです。筋肉が原因で痛みがある時にこの運動を繰り返し何日もやってしまうとやはり悪化したり長引くきっかけになることが考えられます。

それほどハードな体操でもないですし、動きとしても難しいような動きではありません。ですが、腰やお尻の筋肉に負担がかかることは間違いありません。だからやってはいけないということ。

こういう理由で、やってはいけない体操は今日からやめて欲しいということになります。これが最後3つ目ということになります。

今日から始めて欲しいこと

腰の椎間板減るに何なって痛みがある時に今日からすぐにでもやめて欲しいことを紹介してきました。では逆に今日から始めると良いことはないのかな?と思った方もいると思います。

腰の椎間板ヘルニアになった時にやると良いことはいろいろあります。その中でも簡単に始めることができるのはやはりストレッチ。

筋肉に原因が合っていたみが出ているわけですから、その筋肉をストレッチで伸ばしてゆるめてあげるのは良いことですよ。

具体的な方法についてはこちらの動画で紹介していますのでご参考ください。

腰の椎間板ヘルニアで根本原因をしっかり伸ばす4つのストレッチ方法

最後に

腰の椎間板ヘルニアで痛む時に、今日からすぐにでもやめて欲しいことについて解説をしてきました。どれかすでにやってしまっていたことはありましたか?

もしやってしまっていたのなら止めてもらえればなと思います。そして最後に紹介したストレッチにぜひ取り組んでみてくださいね。

腰の椎間板ヘルニアでお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました