腰椎分離すべり症で痛む時にやって良いこと・ダメなこと

マルバツ 腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症になり腰やお尻、足にかけて痛みやしびれがある。

腰椎分離すべり症というのは、背骨の一部が分離してしまいその結果背骨の位置がずれてしまい、その結果痛みやしびれが出てしまう状態のことを言います。

そんな痛みやしびれがあると、当然誰でもつらいし困りますよね。さらに早く良くなりたいって思うことでしょう。

こんな時、痛みやしびれに対して自分でも何かできることはないのかな?と思ったことがある方は多いと思います。そして実際に今何らかの形でいわゆるセルフケアに取り組んでいる方も。

セルフケアに取り組むこと自体はとても良いことだと思います。ですが、その良いと思って取り組んでいることが痛みやしびれを悪化させる要因になってしまっているとしたら?これは誰もが望むことではもちろんありませんよね。

ですが意外とそのやってはいけないことをやってしまっている方がいるのです。そして痛みがひどくなったり長引いてしまっている方も。

良いと思って取り組んでいることが悪化の要因になっているともったいないじゃないですか。ただこういうことは事前に知っておけば避けることができる問題かと思います。

そこで今回は、腰椎分離すべり症になって痛みやしびれがある時に、いわゆるセルフケアとしてやっても良いこととダメなことを紹介していきますのでぜひご参考ください。

それでは始めますね。

腹筋・背筋は?

腹筋

まずは誰もが知っている腹筋・背筋です。筋トレですね。

これって腰椎分離すべり症で痛みやしびれがある時にやっても良いことでしょうか、それともダメなことでしょうか?ちょっと考えて見て欲しいのですが。どう思われますか?

正解は、やってはいけないです。

腹筋・背筋って何となくいいイメージありませんか?昔から腰が痛かったら腹筋・背筋ということも言われたりするので余計かもしれませんが。

でもですね、やっぱりやってはいけないしやる必要もありません。なぜか?を説明しますね。

腹筋・背筋で分離・すべりが戻るわけではない

腰椎分離すべり症になった時に腹筋・背筋をしてはいけない理由の1つ目は、腹筋・背筋をしたからといって分離した状態やすべっている状態が戻るわけではないからです。

腹筋・背筋は文字通りお腹の筋肉と背中の筋肉を鍛えるためのトレーニングですよね。継続してやることで腹筋が割れてきたり、背中にも筋肉が付いてくることもあるでしょう。だからといって、分離した状態とすべった状態が戻るわけではありません。

そしてですね、続けることが痛みがひどくなることもあるんですね。

なぜかというと、腰椎分離すべり症といっても実は腰やお尻の筋肉に原因があって痛みやしびれが出ていることが多くあります。そんな時に腹筋や背筋をするとその痛みの原因になっている筋肉にとっては負担になるだけ。

つまり、腹筋・背筋をすることが痛みの原因になっている筋肉をさらにひどくしているということ。だからやってはいけないしやる必要もないということですね。

痛み・しびれが出てから始めても意味がない

腹筋・背筋を腰椎分離すべり症の痛みやしびれが出てから始めても意味がありません。

ちょっときつい表現で申し訳ないのですがこれは事実ですよね。筋トレって始めてすぐに筋力がアップしたり筋肉の量が増えるものではありません。そして痛みを治すためのものでもありません。

そんな筋トレを痛みやしびれが出てから始めても残念ながら意味がないということ。やるのであれば普段の健康な時から取り組んでおくか、痛みやしびれが治まってから予防のためにやるのならもちろん良いことだと思います。

ですが、痛くなってからやしびれが出るようになってから始めてもこれは筋肉に負荷をかけるだけ。しかも痛みやしびれが筋肉に原因がある状態の場合ならなおさら。

だからやってはいけないということですね。

筋肉を温めることは?

お風呂

さて続いて2つ目は温めることです。

これは腰椎分離すべり症で痛みやしびれがある時にやっても良いことでしょうかそれともダメなことでしょうか?どっちだと思いますか?ちょっと考えてみてください。

正解は、やっても良いです。ただし条件付き。詳しく説明しますね。

温めて良い理由

腰椎分離すべり症といっても、実は腰やお尻、そして足の筋肉が固まってしまった結果痛みやしびれが出ている場合があります。

ちょっとイメージしにくい方もいるかもしれませんが、筋肉が固まってガチガチになってしまうと筋肉そのものが痛みやしびれを出す原因になるととりあえず思ってください。

そんな時に体を温めてあげると少しかとは思いますが痛みやしびれが楽になる場合があります。なので温めてあげることは良いこととなります。

痛みやしびれがなくても、疲れている時にお風呂に入ると気持ち良いし疲れもとれますよね。理屈はこれと同じようなことだと思ってくださいね。

固まった筋肉が温まることによって若干ゆるむわけです。だから痛みやしびれがお風呂に入ると少しとはいえ楽になるということ。だから温めるのはOKなんですね。

温めてはいけない場合

腰椎分離すべり症で痛みやしびれがある時に温めるのは良いことです。しかし例外がありますのでそのことについて解説をしておきますね。

どういう場合が例外かというと、温めることによって痛みが強くなる場合です。これは当然といえば当然ですよね。

ただなぜ温めて痛みが増すことがあるのか?ってなると思うので解説しますね。腰椎分離すべり症による痛みには炎症が原因の場合があります。体の中で炎症が起きると痛みが出ると思ってください。そんな炎症が起きている時にお風呂に入ると痛みが増すことがあります。

理由は単純で体が温まることによってその炎症も増すからです。

なのでもし、お風呂に入ると一時的に痛みが強くなってしまうようなら積極的に温めることは控えてください。お風呂は入りたいでしょうからこういう場合は湯船につからずシャワーだけでさっと済ませるのが良いですね。

お風呂上がりにどうしても痛ければ湿布を貼ると良いでしょう。

炎症の痛みはそれほど長く続きませんから、お風呂に入って痛みが増すことがなくなったら湯船につかってもらっても大丈夫です。そして、痛みが増すのではなく少しでも楽になるようなら積極的に温めるようにしてみてくださいね。

コルセットは?

コルセット

3つ目はコルセットです。

これは腰椎分離すべり症で痛みやしびれがある時にやっても良いことでしょうかそれともダメなことでしょうか?これもまた考えてみてください。どうでしょうか?

正解は、やっても良いことです。ただ、外したほうが良い場合もあります。

これはイメージどおりかと思います。特に腰やお尻の痛みが歩く時などに強い場合はコルセットをすると良いですね。他にも仕事中に座っている時は着けているほうが楽といった場合でも着けておくのが良いですね。

コルセットを外したほうが良い場合

腰椎分離すべり症で痛みやしびれがある時に基本的にコルセットは良いことです。

ただ、着けると良いのは着けることによって痛みやしびれが少し楽になる場合だけです。先ほど少し触れたように歩く時や座っている時などにコルセットをしていると楽に感じる。そんな場合は着けるのが良いです。

ですが、コルセットを着けても正直言って変わらない。むしろ邪魔に感じる。こういう方もいるでしょう。こんな場合はむしろ外しておくほうが良いです。なぜなら、そんな状態なら単に締め付けているだけだからです。

これでは意味がありません。

なのでコルセットを着けるかどうかは、実際に着けてみて楽かどうかで判断すれば良いですよということになります。

最後に

腰椎分離すべり症で痛みやしびれがある時にやって良いこととダメなことを紹介してきました。

他にもいろいろありますが、それはまた別の機会に書きますね。良いことは取り入れ、ダメなことはすぐにやめる。そんな風にしてもらえればと思います。

腰椎分離すべり症でお困りならこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました